相続税申告の依頼前に再確認!税理士に渡す資料や書類の準備

相続人の資産や負債に関するリストを作成

相続に関する税金は専門的で複雑なため、申告は税理士に任せてしまった方が面倒がありません。しかし税理士に相続税申告を依頼する前に、依頼者自身が行っておいた方がいい準備があります。相続人が所有していた財産と共に、負債についても確認が欠かせませんね。相続人の財産は課税の対象になりますが、同時に負債があった場合には課税負担の軽減が可能です。そのため財産と共に負債のリストも作成し、税理士に提出できるよう情報をまとめておきましょう。

被相続人が残した遺言書を税理士への相談前に準備

税理士に相続税の申告依頼を行う際に、遺言書をあらかじめ確認する必要がありますね。誰がどの財産を引き継ぐかは、遺言書による影響が大きいです。そのため相続税の申告前に、遺言書の内容をよく吟味しなければなりません。被相続人が残した遺言書があるかどうか、税理士に相談する前に確認しましょう。もし遺言書が存在しなかったり、法的に効力の無い遺言書があった場合には、法律の定めに従って相続の分割が行われそれらに相続税が課されます。

相続する財産の価値が分かる資料を用意

税理士が相続税の申告のため計算を行うには、遺産の価値を知る手掛かりとなるデータが不可欠です。そこで相続する動産や不動産の価値が分かる資料を用意しましょう。例えば土地や建物の状態が分かる実測図や固定資産税の明細書などを税理士には提出することになるため、あらかじめ用意しておかなければなりません。慌てて用意するとなると手間や時間が掛かるため、万が一相続が発生し税の申告を依頼しなければならない場合に備えて、あらかじめ書類を用意しておくと安心です。

相続の申告を税理士にお願いすることで、税金に関する知識がない消費者であっても、早期に必要な書類を揃えることが可能です。