少額の投資家にも、不動産に投資するという選択肢を

jリートファンドで不動産投資を始める

不動産は、毎月の賃料収入があることから、ミドルリスク・ミドルリターンの投資と言われます。しかし、不動産の購入には多額の資金がかかり、一般庶民にはなかなか手が届かないものです。しかし、不動産を細分化し、証券にしたjリートと呼ばれる金融商品があります。このjリートは一口数万円から数十万円で購入できます。これだけでも随分と敷居が低くなりますが、証券会社ではこのjリートを投資対象とした投資信託が発売されており、こちらを利用すれば1万円から投資ができます。

プロに運用判断を任せることで、高いパフォーマンスを

jリートは都市部のファッションビルやオフィスビルなど、都市のランドマークとなるような建物を所有していますが、不動産価格や景気の良し悪しがあり、初心者が利益を出すのは非常に難しいものです。投資信託ではプロのファンドマネージャーが的確な投資判断を行います。これにより低いリスクで効率よく利益を出すことができます。また、投資信託を購入する際にNISA口座を利用することで、売買手数料や利益が出た際の税金がかかりません。少額投資を行う際には必ず利用しましょう。

利益を出すためには証券会社選びも大事

jリートを投資対象にしている投資信託は多くあります。どの証券会社でも扱っていることから、選択肢は数十種類に及びます。しかし証券会社ごとに運用しているファンドの中身が異なり、値動きの激しいものや穏やかなものなど、非常に様々です。ホームページで分配金利回りや値動きがチェックできますので、リスクとリターンの割合が自分に合っていると思うものを選びましょう。例えば、ニッセイアセットマネジメント株式会社のjリートファンドは比較的安定して高いパフォーマンスを実現しており、おすすめできるファンドの一つです。

j リートのファンドは、個人投資家からの注目が集まっており、不動産の投資をスムーズに進めることができます。