これだけ押さえておこう!信用取引における金利のコントロール

信用取引には金利がかかる!

空売りを行ったり、資金を増すことで取引規模を拡大できる信用取引。利便性が高いとして人気がある一方、資金や株を証券会社や証券取引所から借りるという構造は借金と同じであるため、借用に当たっては金利がかかります。金額的には決して大きなものではありませんが、長期間信用取引の建玉を保有するに当たっては確実に利益の圧迫要因になってくるため、信用取引をする場合金利をどのようにコントロールするのかという点は大きな課題と言えます。

制度信用取引をメインで運用する

金利は信用取引をする際に必ずかかってきますが、株を借りて運用する空売りに関してはその金利を押さえる方法があります。それは、証券取引所が定める制度信用取引の銘柄で運用するというものです。制度信用取引は証券取引所が投資家保護の観点から取引できる期間などを定める一方で、証券会社などが独自に株を貸し出す一般信用取引と比較して金利が安く設定されています。銘柄が限られるため自由度は高くありませんが、金利を押さえるという観点からは大変有効な手段です。

デイトレード主体で運用する

一般的に金利は日割りで賦課されます。そのため、信用取引で金利を押さえたい場合は保有期間を短くする必要があります。一方で証券会社の中では、デイトレードに限り金利を賦課しないようなプランを定めている所もあります。即ち、デイトレードで信用取引を行えば、金利に関する懸念を完全に払拭できるわけです。しかし、そうした証券会社の中には逆に手数料を高く設定している場合もあるため、口座を開設する際には総合的なコストから吟味して決めるようにしなければなりません。

株の信用取引の金利は、各証券会社によって異なるので注意をしなければなりません。またこの金利は早く返済をすることで、少額で済みます。