どこでもいっしょ?口座の持ち方でも変わる

証券会社は特別な気持ちで投資できる

お金を増やそうとファンドを始めることがあります。この時にどんな気持ちで行うかがあり、銀行預金のような気楽なこともあれば、株式のように元本保証されない不安を持ちながらのこともあります。ファンドへの投資を行うときの口座の持ち方では、証券会社で行うことがあります。ファンドは元本保証はありません。ですから、慎重に投資先を選ぶ必要があります。安易に行うと資産を減らしてしまうこともあります。証券会社だと銀行より気を引き締めての投資ができます。

銀行で定期預金の延長の感覚で行う

銀行の主力商品として定期預金があります。基本的には元本が保証されているので、余ったお金を預けたりすることもあります。ファンドで投資をするときの口座の持ち方では、銀行で行う方法があります。現在は銀行からでもファンドへの投資が可能になっています。定期預金に預けるように、普通預金から資金を移動することも可能です。ファンドの中でも公社債投信などであれば、ほとんど元本割れしないものもあります。安心して投資ができます。

積極投資と安定投資に分けて行う

貯めているお金の目的は様々です。生活費として使うお金もあれば、1年後ぐらいに使うお金、10年先や老後に使うお金などもあります。生活費となると、あまり急に少なくなるのは困ります。老後まで何十年もあるなら、長い期間保有することで大きく増やせる場合があります。ファンドでの口座の持ち方として、積極投資と安定投資に分けて行う方法があります。すぐ使う資産は安定投資、しばらく使わない資産は積極投資などに振り分けます。

ファンドのランキングは、初めて株式投資を行う社会人や学生にとって、利便性の高いツールとしてみなされることがあります。